当サイトランキング結果の理由

このサイトでは、群馬県で評判の注文住宅業者を厳選し、女性を対象としたWEBアンケートに基づいてランキング形式の業者紹介を行っています。

建築業界は、古くから男性の多い業界として発展してきた印象がありますが、実際に注文住宅を建てる際主役になるのは男性だけではありませんよね。

女性を含めた家族全員の意見を聞くのが当然です。ただ、スタッフに女性が少ないと、どうしても従来どおりの男性中心の家づくりしかできない可能性もあります。

今回のランキングで1位になった石井工務店には、「女性ライフプロデューサー」が多数在籍しています。彼女たちは設計やインテリア、カラーコーディネートの知識を活かしつつ、お客様の理想のライフスタイルを形づくるサポートをしてくれます。そんな女性目線の家づくりをしていることが、石井工務店が1位になった理由だと感じます。

群馬県の魅力を紹介♪

群馬県の魅力を紹介♪
群馬県ってどんなところ?

群馬県は上毛三山などの山々をはじめ、尾瀬・利根川などの清流がある豊かな自然が魅力的な県です。草津や伊香保・水上・四万の四大温泉もあり、国内外からたくさんの観光客が訪れ日々賑わっています。

また下仁田ネギや上州和牛・しいたけなどの豊富な農畜産物が有名で、自動車産業や伝統工芸品などの様々な産業も発達しています。東国文化の中心地として栄えた証である古墳や遺跡などの歴史的な遺物も数多く遺っており、古くから受け継がれてきた文化が根付いている地なのです。
移住におすすめの人気エリア

ここからは群馬県のなかでも移住するのにおすすめのエリアを紹介していきます。まず最初におすすめするのは高崎市です。高崎市は群馬県の中部よりもやや南西に位置しており、県内で最大の人口を誇ります。

市内には住宅街や商業施設が数多く立ち並び、美しい自然や歴史のある文化財ときれいに調和したとても生活利便性の良い街です。47都道府県幸福度ランキングで、第三位に輝いたこともあり、他県からの移住を考えている方にもおすすめのエリアです。

次におすすめしたいのが、前橋市です。前橋市は群馬県の中南部に位置しており、同県の県庁所在地でもあります。市内には「広瀬川」や流域面積日本一である「利根川」が流れており、街並みと川の調和がとても美しい場所です。

さらに前橋市で提給されている水道水は、水質の良さで知られている広瀬川や利根川の地水道です。そのため蛇口をひねるとミネラル豊富なおいしい水をいただくことができます。蛇口をひねるだけできれいな水が飲めるのは大きな魅力ですね。

最後におすすめしたいのが、伊勢崎市です。伊勢崎市は群馬県の南部に位置しており、人口の増加率は県内でもトップクラスのエリアです。

県庁所在地である前橋市と隣接している市で、東京都から約95㎞という好立地にあるため、県外から移住する人も多いです。市内は商業施設が充実しており利便性に優れていますが、中心部から離れると自然がかなり豊富なので、落ち着いた環境に住みたい方にもおすすめのエリアです。

群馬県の主要エリア別坪単価・地価平均

注文住宅を建てる上で欠かせないのが土地探しです。生活する上で周辺の環境はもちろん坪単価は気になるところ。ここからは群馬県の主要エリアごとの坪単価をご紹介します。

群馬県の平均坪単価

群馬県全体で見たときの平均坪単価は約8万5,268円/坪です。

商業施設などが立ち並び利便性の高い高崎市などは25万8,876円/坪、前橋市は18万7,587円/坪、伊勢崎市は11万7,033円/坪と、人気のエリアは平均坪単価が高い傾向にあります。反対に利便性が悪い上野村は1万2,231円/坪、嬬恋村は1万2,561円/坪と坪単価が安くなっています。

坪単価・地価平均一覧表
市町村 地価平均(㎡) 坪単価平均(坪)
高崎市 7万8,310円 25万8,876円
前橋市 5万6,745円 18万7,587円
沼田市 4万2,120円 13万9,239円
太田市 4万424円 13万3,633円
伊勢崎市 3万5,402円 11万7,033円
桐生市 3万387円 10万455円

注文住宅建築依頼先の違いを知っておこう!

注文住宅建築依頼先の違いを知っておこう!
工務店の特徴は?

工務店の特徴はその種類や規模によって色々変わりますが、主に住宅の設計・管理・施工をする会社です。ハウスメーカーと比べて小規模なところが多く、地域密着型で住宅の施工や設計を行っています。住宅プランや設備などがすでに決まっている住宅メーカーと比べて、比較的設計の自由度が高く、間取りや外観デザインなどを顧客と一緒に作り上げていきます。

工務店も幅がとても広く、いわゆる大工の棟梁タイプである工務店、設計は行わず施工だけを行う工務店、独自にハウスメーカーとして取り組んでいる工務店、社内に設計士を抱えている工務店、フランチャイズに加盟しハウスメーカーの形をとっている工務店、建売住宅や売建住宅の販売を行う工務店など会社によって様々な形態があります。

ハウスメーカーの特徴は?

ハウスメーカーは基本的に、特定の建材・設備などを使って建てられた住宅を商品化したりシリーズ化して販売したりしています。建てようとしている家に「商品名」がついていたらその会社はハウスメーカーと思って問題ありません。規格化された高品質な注文住宅を全国規模で展開し提供している所が多く、ブランド力が高いのが強みです。

また一定の数を建てることを前提にして、大量に部材を仕入れたり前加工をすることもできるので、建物の原価コストを下げることができ、工場生産が多くなるので品質を一定に保ち精度のムラを少なくすることも可能です。さらに一定のルールや規格の中で建てることを事前に申請することで、家を建てるときに必要な手続きを簡略化することもできます。手続きが早く工期が短い傾向にあります。

ただしハウスメーカーの場合「自由設計」といっても、実際にはハウスメーカーのルールの中、つまり規格の中での自由であるため、工務店などとは違い本当の意味での自由設計ではありません。細かい部分の融通が利かない場合が多いため、細部までこだわって家を建てたいという方は要注意です。

設計事務所の特徴は?

設計事務所はその名前の通り、注文住宅の間取りや内観・外観などの設計をいちから行ってくれる会社です。 設計事務所は、顧客の要望を聞いて、設計士が敷地の形状や周囲の環境に合わせてオリジナルの住宅を提案してくれます。間取りから設備・インテリアデザインまで、顧客の要望を丁寧に拾い上げて設計図を仕上げてくれます。

「ハウスメーカーの規格内ではなくオリジナルの家を建てたい」「唯一無二でこだわった家づくりをしたい」「細部まで丁寧にこだわりたい」などの願いを叶えたい方には、設計事務所や設計士、建築家と呼ばれる人たちに依頼をすることがおすすめです。

同じ注文住宅という表現の中でも、ハウスメーカーに依頼をする注文住宅と設計事務所に依頼をする注文住宅では、その自由度は大きく異なります。また基本的にはどんな構造にも対応することができるので、土地の計上や地盤、希望をしている要望によって適した構造体を選べることも魅力のひとつです。施工自体は外部の工務店や大工さんに依頼することが多いですが、しっかり施工時の監視を行ってくれるところがほとんどなので手を抜かれる心配はありません。

注文住宅の種類を知っておこう!

注文住宅の種類を知っておこう!

注文住宅にも実は様々な種類が存在しています。ここからは「注文住宅の種類」について解説しています。

フルオーダー住宅の特徴は?

フルオーダー住宅とは、全てをいちから決めることができる家づくりのことです。もちろん法的にできないことや物理的にできないことは難しいですが、逆に言うとそれ以外のことならば、あなたの希望をすべて実現することができるというのが大きな魅力です。間取りや仕様をはじめとして、屋根材や外壁・内装・電気関連の細かい部分まで、すべてをいちから組み上げていくことが可能なため、自分たちのこだわりをめいいっぱい詰め込んだ、自由度の高い唯一無二の注文住宅を作りたい方におすすめです。

ただしフルオーダー住宅は、どこまでもこだわることができるため、こだわればこだわるほど予算が高くなってしまうため注意が必要です。注文住宅は知れば知るほど、家づくりが進めば進むほど「やりたいこと」「実現したいこと」がどんどん増えていきます。

やりたいことを増やすのは簡単ですが、減らすのは難しいため、あらかじめ予算とこだわりたいポイント、妥協できるポイントをある程度決めておくのがおすすめです。住宅の専門家たちとしっかり打ち合わせをしながら予算管理をしていきましょう。

セミオーダー住宅の特徴は?

セミオーダー住宅とはパッケージ商品のことで、パッケージの中からであれば好きな仕様を決めることができる家づくりのことです。不動産会社やハウスメーカーのホームページ・中吊り広告などで「自由設計」と表記がある場合は、このセミオーダー住宅に該当する場合が多いです。

住宅のパッケージ商品は仕様や価格がある程度決まっており、その種類はグレードが高いものから低いものまで幅広く用意されています。そのため予算をかけたい場所や抑えたい部分など、ある程度自分で調整することができます。さらに間取りを自由に設計できるパッケージ商品もあるため、多少の融通を利かせることは可能です。

ただしパッケージ商品によっては、部屋の取り方や建物の広さ、仕様などに制限が出てくる場合があります。そもそもパッケージ商品は、あらかじめ「この範囲の中でなら自由に選べます」というものが用意されており、その中からひとつずつ選んでいくというものになるため、すべてを自由にすることはできません。

しかしすべてを自由に設計できない分、変えられる部分が限定されているので予算も大幅に変わらない場合が多いため安心です。

企画(規格)住宅の特徴は?

規格住宅とは、間取りや設備・仕様を規格化している住宅のことで、「規格住宅」や「企画住宅」と呼ばれています。どちらも同じ規格化された住宅ですが、住宅のコンセプトが明確になっている場合「企画住宅」としている場合が多いようです。

最初から間取りや設備が決まっているため料金が明確で、完成のイメージもしやすく予想と現実のギャップも少ないのが特徴です。

ただし企画住宅の場合不自由なことが多いのも事実で、間取りは用意されたものから選ぶ形式のため自由に変更をすることはできず、設備も使えるものが指定されている場合が多いです。

さらに間取りがある程度決まっているため、建物の形や大きさも決まっており、それが収まる土地を選ぶ必要があります。

間取り設計時に注目しておきたいポイント

間取り設計時に注目しておきたいポイント

注文住宅の魅力のひとつである「自由設計」。せっかく家を建てるなら、こだわりの間取りで建てたいという方も多いのではないでしょうか。ここからは、そんな間取りを決めるときに注目しておきたいポイントや注意点をご紹介していきます。

まず最初のこだわりポイントとして注目しておきたいのが「収納」です。すっきりとした快適な暮らしを送るうえで収納の広さは大切ですよね。収納にも種類があり、たとえば「ウォークインクローゼット」なら、衣類を取り出す際に人が入ることもでき、広いので多くの収納スペースを確保することができます。

しかしウォークインクローゼットなどの収納スペースは、きちんと場所を考えて取り入れなければ後悔する可能性があります。生活導線と合わなかったり、来客があった時に丸見えのスペースに設置することにならないよう設置場所をしっかり検討しましょう。

次に注目したいのがリビング階段です。リビング階段はその名の通りリビングにつける階段のことで、一般的に階段は玄関の近くに取り付けることが多いですが、その階段をあえて家族が集まるリビングに取り付るというものです。

リビングに階段を設置すると共有スペースを通る必要性が出てくるため、家族が顔を合わせる回数が増え交流もしやすくなります。小中高生のお子さんがいるご家庭であれば、子どもの行き来も目に入るため日常を見守りやすくなるといったメリットもあります。ただし、お子さんが思春期になった際は、この間取りがデメリットになる可能性もあるため考慮しておきましょう。

次に注目したいポイントは和室です。すこし意外に思えるかもしれませんが、リビングの隣に引き戸のある和室を設けるのが便利でおすすめです。なぜかというと、和室の引き戸を開けリビングと一体化すればリビングが広くなり、逆に引き戸を閉めることで独立した和室の空間を作ることもできるためです。

たとえばリビングでテレビを見飽きた子どもの遊び場にしたり、勉強部屋にしたり、臨機応変に使うことが可能です。急な来客があった時には、和室を締め切ることで客間にすることもできます。

最後にこだわりたい間取りポイントはキッチンです。ほかの部屋と仕切られる独立型キッチンと、リビングやダイニングと対面して料理ができる対面式キッチンがありますが、おすすめは対面式のキッチンです。

対面式のキッチンは、独立型のキッチンと異なり、リビングやダイニングを見渡しながら料理ができるので、家族や来客との会話を楽しみながら料理をすることができます。小さなお子さんがいるご家庭であれば、子どもの様子を見守りながら料理することができるので安心です。

群馬県注文住宅メーカーの選び方のポイントを押さえよう!

1

注文住宅の機能や性能面

注文住宅メーカーを選ぶときに、注目したいポイントのひとつとしてそのメーカーが提供している住宅の機能や性能が挙げられます。メーカーによってこだわっている機能や性能は異なるため、しっかり比較して検討しましょう。

たとえば気密性や断熱性、省エネ性能、耐震性能など。自分が建てたい家にほしい機能や性能を見極めてそれを実現してくれるメーカーにお願いしましょう。

また、省エネで地球にもお財布にも優しい生活ができるZEHの家を建てられるかどうかや、長期優良住宅に認められるかどうかもメーカーの性能や機能を見極めるときにポイントになります。

2

スタッフの口コミや評判

そしてメーカーのスタッフに対する口コミや評価をチェックするのも大事なポイントです。口コミや評判が良いところにお願いをしたいと思うのは当然のことです。

顧客をしっかり満足させてくれる業者を見極めるポイントはいくつかあり、たとえばこちらの発注意図をしっかり確認・記録しそれを反映させてくれるかどうか。何度も繰り返し、しっかり打ち合わせをしてくれるかどうかは重要です。

こういった対応の部分は公式ホームページなどではチェックしづらいため、スタッフに対する口コミや評価を確認すると良いでしょう。

3

住宅展示場

最後のポイントは住宅展示場へ実際に足を運んでみるということです。資料や、ネットの情報だけではすべてはわかりません。

そのため住宅展示場へ足を運んでみて、自らの目で気になる物件を確認してみることが大切です。実際に見たほうがわかることも増えます。

また実際に見に行くことによって、そのメーカーのスタッフに話を聞くこともできます。わからないところや不安な点は確認することができるので安心です。

気になるメーカーや物件がある方は、ぜひ一度住宅展示場へ足を運んでみてください。

今回は群馬県の魅力から住宅メーカーの選び方まで幅広く紹介をしていきました。群馬県は都市と自然が調和しており非常に住みやすい土地です。都心へのアクセスもしやすいため利便性も高いと言えるでしょう。

注文住宅と言っても様々な形態があるので、当サイトでしっかり学び、自分にあった形で素敵なマイホームを手に入れてください。